FC2ブログ
2018年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2008.06.15 (Sun)

今年の24時間を振り返って(というより反省日記)



今年もついにやってきました、夢の島24時間リレーマラソンです。
最大メンバー12人で24時間を日中、深夜と耐久で駆け回る大会がやってきたわけですよ。
ということで、14日(土)の昼~15日(日)の昼という24時間走ってきました。

なんだかんだで、24時間の経験回数も今回で5回目です。
うん、今考えると、今までの俺はそれなりによく頑張って走ってきたじゃまいか!と
自分に言ってあげたいところですが、正直今回は・・・・・・・、今回に限ってはとてもそんなこと言えたもんじゃないレベルの走りでした。少なくとも俺個人だけは(汗


ベテランとまでは言わないでも、5回目ってのは結構走ってる方だと思うわけなんですが
やっぱりいくら経験を重ねて、何m地点はどうたらこうたらとか、いくら深夜帯のキツさを分かっていても、結局はその時その時の練習量が物を言いますので
感じ方としては、去年と今年は全く別物なんですよね。
だから、陸上(長距離)は、サッカーやバスケなどの技術重視のスポーツとは違って、一旦走らなくなったら一般人並に能力に落ちちゃうため、経験はそこまで関係にない気がします。
散々、(半分ギャグで)経験豊富ですよ!って言ったんですが、まるで意味なかった!!、と


さて、前置きはこんぐらいにしておきまして、本題の大会の方ですが
はっきりいって、とんでもないぐらい俺はお荷物でした!(ぉ
去年、一昨年と(うぬぼれもあるかもしれませんが)主力として選手で走りましたが
今年は、去年の走りを微塵も出すことなく、終始無惨な走りをしてしまったわけです・・・・。

もう少し分かりやすく言いますと、今年の俺の全力は、去年の俺の全走りの平均タイムにも
及ばなかったということです。はい、終わってますね。まじで。
正直、今回のこの大会ほど自分自身が情けない思う大会はなかったです。

なんとかなるんじゃないか。毎回そんな風に若干不安ながらも24時間の場合なんとかなりました。そしてそれなりの走りを見せてこれたと思います。
でも、今回の場合は練習の時点でヤバさが顕著に現れてたので(今まで全くなったことがない酸欠に陥るなど)、その時にもっと危機感を持っていれば良かったと思います。
その油断と気のゆるみが今回の駄走を招いたのは明らかですね。

大会でも、初っぱなの2本目か3本目辺りで、一時酸欠状態になりまじ焦りました。
一本走る事に、12人回しならだいたい45分程のリカバリーがあるんですが
去年は深夜まで、7割ぐらいで走ってても楽な方だったのに、今年は短く感じました・・・。
深夜帯になると8人回しがありましたが、12人でも余裕がないのに
8人だと走れるわきゃありませんでした。
ダメダメだよ!!ほんと!!もう泣きたいわ!!って走るたんびに思いました。

後半になると、ようやく自分にも休みが回ってきましたが、そこからはペース配分云々より
もう根性の領域になりつつあったので、ペースを上げるどころじゃなかったです。
休みを入れたからには、ペースを上げたる!!と思って一本目気合いを入れても
2本目からは、ふくらはぎが爆発しそうで、そのうち肉離れになりそうな感覚が何度も襲ってきたので
今度はそっちで焦りました。

今回に限っては、走り終わった後の自分の表情、姿を見て
「あ、今回はコイツやばいな」って見てとれた方も多くいたことかと思います。
周りのみんなに相当心配されましたから(笑)
去年、一昨年と比べたら、自分の走りのギャップに驚いた人もいたかもしれません。
大会最中に、もっと色々な人とたくさん話したかったですが
すいません、ガチでそんな余裕がなかったので無理でした・・・・。





それにしても、俺以外の後輩の皆は良い走りしてたと思います。
もう自分からは何も言えたもんじゃない事は分かってますが
初めての参加の子も幹事の二人も本当に気合いがこもってて良かったと思います。
今年は1、2年生が多く来てくれたみたいなので、マネージャーもしっかり回ってましたし。


多くの人に醜態を晒してしまいましたが、練習してなかったので何も言えません・・・・。
とりあえず、あれほど足を引っ張らないようにしようと言ってたのに
結局チームのお荷物になってしまったのは、皆に申し訳ないとしか言えません。

楽しいとか以前に、ほんとキツかったああー!!
結果は準優勝と残念でしたが、思ってた以上にチーム力が高く
スピード系は大丈夫かなー?と思ってたメンバーもガンガン走れていたので
本当によく戦ったと思います。来年からも安心です。
はい、お前がいうなって話ですね!
むしろ今年レベルの俺はもういないので、もっとチーム力が上がると思いますぜ!(笑)


まぁ、もう24時間出ることはまずないだろうけど、これが自分の最後の24時間と考えると
やっぱ泣けてきますね。完全に自分の走りが黒歴史すぎて。
今年の一年生にも俺遅いというイメージをもたれたことだろうし(笑)

これを最後の大会にするかどうかもまだ決めてませんが
さすがにこれを引退試合にするのは後味悪いので、それはまた追々考えることします。

なにわともあれ、24時間の部、6時間の部、個人の部に出場した皆さん。
マネージャーさんや声援を送っていただいた皆さん。
今年もお疲れ様でした!

特に陸君。君は本当にお疲れ様でした。個人で180km越えはほんと凄いよ。
100kmマラソンもその調子でサークルベストをタイムをたたき出しちゃってくれい!


それにしても、ほんと名前の通り、 夢のような大会だったぜ!!
スポンサーサイト
EDIT  |  23:33  |  大会  |  CM(2)  |  Top↑

2008.02.03 (Sun)

大雪なのに大会です

※これは4日の昼に書いたものです。

ただいまー。
今さっき帰ってきました。

3日(日)は江戸川区駅伝でした。
朝の5時前から、自分の自宅周辺でも雪がチラチラ降り始めて
出かける頃には、1cmくらい積もってました。



6時ちょっと過ぎに家出たので、新聞配達のバイク跡ぐらいしかなくて
朝っぱらから自転車で転倒しないか、ちょっと不安になりながら駅へw

集合時間10分前くらいに、大会会場最寄り駅の西葛西に到着。
M君が遅刻とのことで、集まった4人でマ○チョ氏の車で一足早く会場入りしました。
それにしても、電車に乗ってる最中も思いましたが、これ明らかに走るの厳しいでしょ!ってぐらい雪がシンシンと積もり始めていて、車で移動中も、西葛西周辺は結構吹雪いてましたw
中学生も走るし、区民大会でこの雪は厳しいでしょ?ということで
マ○チョ氏が電話で運営側に問い合わせたところ、運営側の返答は


「やりますYO!
     雪でも箱根は走るでしょ?」


ちょ!w区民大会と箱根を一緒にすんな!w
まぁ、熱いのは分かるけどさ。

会場に着いて、マ○チョ氏が会場スタッフに再度問い合わせても、運営側はやるという意志を覆さない。
駅伝コースがスタート、ゴール付近以外、ほとんど歩道の石畳などを走るため転倒したらえらい被害にあいます。
ほんとに大丈夫か・・・・と思いつつ、降り続ける雪の中、競技場内に入ったら



うへー、めっちゃ積もってる・・・。
これ、競技場内でも危ないでしょ・・・・。そもそもアップはどこでやれば・・・。
もしかしたら、雪が積もった競技場なんて初めてみたかもしれない。
スタッフらしき人達が10人くらいで懸命にタータンの雪かきをしていましたが、どかしてもどかしても、すぐに積もって、雪かきの意味がほとんどない・・・。
しかも、中にいると通る邪魔になるから、スタンドに行けや!と言われ、この雪吹き荒れるクソ寒い天気の中、スタンドへ追いやられました。

スタンドの席は、吹き付ける雪のせいで、屋根の下も含め、全席びしょびしょ。
とりあえず、マ○チョ氏が持っていた大量のビニール袋を下に敷き、荷物は置けましたが、吹き荒れる雪の中、30分以上待機。
その間、ほんとにやるのか否か、誰もが分からない空気になる。
この運営側の態度だと、まじでやりかねなかったわけですが・・・。

途中、青梅と横浜の大会が中止確定の情報が流れる中、一向に中止勧告が流れない僕らの大会。

9時頃、監督会議があり、マ○チョ氏が出席。
その時に、再再度、危険があるのにやるのか!?とスタッフに問い合わせたそうで、それでもやるとか言ってたらしいwどこまでバカなんだ。
結局の所、雪の勢いは緩まるどころか、どんどん激しさを増してきたので、結論は中止。
俺は話し合いの結果、出場しないことになっていましたが、やらなくなると、逆にちょっと出たくなっちゃったのは内緒だ。

結局中止になったので、当初の予定がかなり狂い、大会後行く予定だった温泉に早めに行くことになりました。
温泉に行く途中も、雪の影響で危ない危ない。
スタッドレスタイヤにも関わらず、一時ひやりとなる場面もありました。

なんとか温泉に到着。10時からの営業開始だったので、ちょっと早めに着いた一行は車の中でジブリの話に華を咲かせてましたw
やっぱ、紅の豚が一番です。

時間になり、温泉へ!
いやー去年も来たところではありますが、今年もマッタリできました。
特に露天風呂は、雪が降ってたこともあって、かなり風流でした。
つかってないところは、クソ寒いわけですが。

温泉後はマ○チョ氏の家で、飲み会。
昼間っから飲み会です。
刺身にチャーシューと食材に酔いしれ、お酒でも速攻で酔いました。
そもそも、ここだけの話全く寝てなかったので(他の人のには数時間寝たとか言いましたが)
酒を服用しただけで、かなりの睡魔が・・・・。そのまま夢の世界へ・・・。
何分寝たか、よく分からないながら、だいたい2時間程度経って起きました。
その後に、どういう経緯だか、もののけ姫のビデオを鑑賞。
ここでマ○チョ氏がかなりのニコ厨であることが発覚。ちょっと驚くぐらい色々知ってました
自分の周りの人もここまで見てるとは・・・ニコニコってほんと有名になったもんだな・・・・。

しかも、その後にパソコンの部屋に移動して、もののけのMADを見たりやらしました。
全パート部見終えた頃に、再度睡魔が・・・・・。
中途半端に寝たもんだから、そのまま再び夢の世界にいってしまった。
完全に起きた頃には、朝でしたw
どうやら、朝まで寝てしまったらしい・・・・そこまで酒飲んでないんだけどなぁ。

朝ご飯までご馳走になって、先輩宅を後にしました。
泊まって良いとは言って下さってましたが、朝までお邪魔してしまって、すいませんでした。
EDIT  |  12:18  |  大会  |  CM(4)  |  Top↑

2007.06.10 (Sun)

24時間リレーマラソン(戦いを終えて)

今年の24時間という大きな大会が幕を閉じました。
まず何から書いていいか分かりません。
それほどまでに短いながらも濃い1ヶ月だった気がします。


準備期間と言える4月、5月はそりゃー幹事として右も左も上も下も
何にも分からない状態からのスタートだったもんだから
こんなに大変なもんだとは思ってませんでした(笑)
練習メニューなんて、皆レベルやそれまでの練習方法がそれぞれ違うのに
俺なんかが考えていいのかって何度思ったことか。


練習の傍ら皆で他愛もない話で笑い合い、時には様々な心情がぶつかり合い
一人一人が苦悩を乗り越えてきた。

俺自身、大学に入ってからやったことない練習を結構取り組んできました。
インターバルとか1500の記録会前でもほとんどやらなかったのにw


あー、ここまですげー長かった気がする。
たった2ヶ月ぽっちなのに・・・。
正直大変でした。もう幹事なんてまじでやりたくないって何度も思いました。
色んな人に意見を言っていただいたのに、ひねくれの自分は何度も苛立ちを隠せませんでした。
それがほんと情けなかったな・・・。
けど、それほどこの大会に賭ける重みというか、真剣な熱意があってのことだからだと思う。
まぁ、真剣に考えて、周りには考えすぎだろって何度も言われたけど(笑)
そして、何よりチームの仲間やサークルの人達の支え合っての今だと思う。
本当に感謝いたします。


3連覇の重圧。そして4連覇への挑戦。
このチームなら優勝できる。そう信じて今まで意識を高めてきた。
最後まで幹事して皆を安心させられる仕事ぶりはできなかったけど
スタートしてから12人の中の一人の選手だけに集中しようと決めていたので
戦いが始まったらなるべくマネージャー、個々にまかせるようにしました。

目標は優勝。ただそれのみ。
ただそれだけのために今まで練習してきて、スタートを向かえゴールを目指した。

しかし、相手チームはあまりに強かった。
選考会の前から強い強いとは言われてて、もちろん強いだろうと覚悟はしていましたが
ここまで強いとは、完全に予想の斜め上を行く走りをされてしまった。
うちもサークルのメンバーとして強豪揃いでしたが、相手がメンバー全員フルマラソン3時間切りで、1500m3分台数人、5000m15分台多数じゃ、そりゃきついよな・・・。

けど、その相手と戦いの中、何度も何度も何度も一人一人が競り合い。
そのガチンコレースを24時間のほとんどやってたんだから
自分達は良い意味で素晴らしい馬鹿でした。


途中、2分40秒もの差を開くことができたのに、そこから追いつかれ、借金を背負うことになってしまったのも、元はといえば、自分の作戦ミスです・・・。
もっと、最良の作戦があったと思います。本当にこれが一番の汚点です。
指揮官とはなんと難しいものなんだろう。
指揮官といっても、通常の何分の一にも満たない仕事しかしていませんけどね。
本当に仲間の皆には申し訳ありませんでした・・・。

途中、一選手の俺もタイムを大幅に落としてしまって、皆に迷惑をかけたし、スタート直後も幹事の仕事に手間取ってしまって、ほとんどノーアップ、しかも飯抜きでいってしまって調子をくずしてしまったし・・・。
もっと俺自身、チームに貢献するために力は出せたはずなのにと反省すればいくらでも出てくるほど、24時間中は反省でいっぱいです。
ただ他の皆全員、足や腕、腹や内臓、体の至る所を傷めても、土砂降りに巻き込まれても、最後まで気力の限りを尽くして襷を繋いでくれたのは本当に幹事として主将として、熱くて、嬉しかった。


負けて悔いが残らないわけがない。
もう無理だという差になった時は泣きそうなほど悔しかった・・・
悔いが残らないってのは精一杯戦って優勝する。ただそれだけです。

だけど、2位だろうと24時間皆で走り尽せたことにも意義があります。
本当は誰しもが悔しいけど、その達成感から笑ってゴールすることができました。


あー、けどやっぱ改めて思いましたね。

上には上がいる。
世の中狭いもんでスポーツの世界ってもんはどんな大会だろうと広いんだなってことを。


俺の24時間の戦いは終わった。
K玉さん、T田さん、Y崎さん、Eさん、NPさん、P、Sゲ、A、O川、K藤、M山
(順不同、普段呼ぶイニシャルのせいか分かりづらくてスイマセン)
このサークル最強メンバーで力の限り戦えたことを誇りに思います。


まじできつかった・・・2位とかまじで悔しいよ・・・・。
けどやっぱ24時間は終わってみると楽しかった。良い思い出になったわ。
毎年やってるけど、今年以上にレベルが高い24時間はたぶん例がないと思う。
24時間という熱い大会とそれに関わった選手、マネージャー、応援全ての皆さんに感謝します。
ありがとうございました。

でも、まじで2位なんて納得いきません。
来年は後輩が優勝させてくれるということは信じていますが
自分はどうなっているか正直分かりません。
リベンジしようとするも、しないとするも、これから 次第です。







ただ、もう幹事はガチでしたくないですw
EDIT  |  23:44  |  大会  |  CM(0)  |  Top↑

2007.06.09 (Sat)

24時間リレーマラソン(戦いの始まり)

ついにこの日が来た。

この日を待ちこがれていたといってもいいかもしれない。

皆が今日この日まで磨いてきた心技体で今、ぶつける時が来た。

戦いは始まる!!
EDIT  |  23:42  |  大会  |  CM(0)  |  Top↑

2007.06.08 (Fri)

24時間リレーマラソン前日

絶対負けられない・・・いや勝たなければならない戦いがそこにはある!


EDIT  |  23:22  |  大会  |  CM(0)  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。