FC2ブログ
2018年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2008.12.22 (Mon)

いいひと。

少しずつ少しずつ読んできた、高橋しんさんの漫画「いいひと。」が読み終わりました。
もう10年近くも前の作品ですが、最近になってなぜ読もうと思ったのかというと
1年半程前に漫画喫茶でたまたまなんとなくでだったんですが、「いいひと。」を手にとったんです。
そこで4巻くらいまで読んだんですが、序盤の就活→企業に就職という部分が、当時就活を間近に控えてた自分にとって、印象的で
さらに、作者の高橋しんさんは箱根駅伝経験者ということもあってか、作中には陸上競技(長距離)に関する描写も結構あるので、読んでて親近感が沸いたんです。
けど、そこで読んで以降、漫喫に行く機会もなく、続きが気になっていたんで、いっそのこと家に置いとくかと思ったのが、キッカケです。
漫画自体は冒頭だけ、昔どこかで見たことある気がしたんですが、どこだったか。

ドラマでも数年前放送しており、あれも印象的だったけど、原作から見れば黒歴史だったようで。
当時は漫画版をほとんど見ていなかった状態でドラマを見たので、なんとも思いませんでしたが
おそらく、当時の自分がこの漫画を読んでいる状態でドラマを見ていたら
確実に原作レイプもいいところだ!と嘆いていたに違いない。
それくらい原作の「いいひと。」とドラマ版の「いいひと。」では登場人物も、物語に込めた想いも違っていました。
高橋さん曰く、連載終了を決めたきっかけの一つがドラマ化のせいといってるくらいですから。
実写化で失敗例は数多くあれど、その物語で一番伝えたい部分が違うってのは致命的なんじゃないかと。
漫画や小説を実写化する時って、そういう核となる部分が伝わってこない作品が多い気がします。
まぁ、人それぞれ解釈は違う場合もあるのでしょうが、他人の魂を込めた作品を用いて商売する以上
利益を追求する前に、その物語を深く知ろうとしり、汲み取ることは大前提だと思うのですが。
ドラマ版「いいひと。」ではそれができていなかったようです。

なんかいつの間にか、実写化批判になってきちゃってますが、「いいひと。」の感想としましては
読み始めの頃は、ただ一人の「いいひと(若者)」が、田舎から厳しい現実が待つ社会の中で
どう周りに影響を与えて成長していくか、みたいなものが延々描かれていくのかなと思いましたが
なんていうか、読んでいく内にその「いいひと」がいる、その環境全体がすごい「いいひと達」ばかりじゃんだったという。
たった一人の「いいひと」というより、環境が良いところばかりなんですよね。
ひねくれ者の自分は、こんな良い仕事環境絶対ねーだろ!と漫画なのに思っちゃったりするのですが
要は、これは「いいひと(若者)」とそれを取り巻く周りの「いいひと達」がいてこその環境なんだなーと。
上手く説明できませんが、作者の高橋しんさんも最終巻(26巻)のあとがきで
「いいひと。」に込めた想いをつつっています。
「いいひと。」の「。」に込めた想いとか、個人的にこういう文字の話や裏設定?は凄い好きなので
あとがきなどで作者の方自身に書いていただけると、とても嬉しいです。

軽い気持ちで読んだ漫画でしたが、社会(環境)に対する見方を少し変えてみようということと
自分も今、現時点でのこの環境でやるべきことを、自分ができることを
しっかりとこなしていこうという気になりました。
現実は漫画のように上手くいかず厳しいものですが、誰もが皆、それぞれの物語の主人公です。


いいひと。―For new natural life (1) (ビッグコミックス)いいひと。―For new natural life (1) (ビッグコミックス)
(1993/10)
高橋 しん

商品詳細を見る
スポンサーサイト
EDIT  |  23:13  |  感想  |  CM(2)  |  Top↑

2008.10.19 (Sun)

「ガリレオ」観に行ってきた。

テレビドラマ「ガリレオ」の劇場版、「容疑者Xの献身」を観に行ってきました。
メンツは自分、いっさ、板倉先生の3人。
本当はAも行く予定だったが、どうやら所用で来れないらしい。

新宿に集合だったが、さすが日曜の夜ともなると人がかなり多い。まるでゴ(r
二人と合流するまでも、ちょっと大変でした。
板倉が、ガリレオは人気なんだぜ!たぶん夜じゃ席はないかもしれねーよ!と
しきりにプレッシャー発言を連発。そう思うなら、なぜこの時間帯で了解したんだw
けど映画館に行ってみると、人の気配はあまりなく、普通に観れるようだった。
板倉さんの予想は悉くハズレ。
板倉は原作を読破してるらしく、容疑者Xの献身も原作である話らしく、内容は知ってた様子。
昔、名探偵コナンの劇場版3作目だったか4作目の犯人を映画を観る前に友達に暴露され、憤りと萎えに悶えた記憶があるので、絶対ネタバレすんなよ!と強く口止めしといた。

上映時間まで、40分くらい時間があったので、小腹が空いてた自分らは外に買い出しに行ったが
映画館近辺には、コンビニがまるでないので、数分で引き返した。
ファーストフード店ならいっぱいあるのに、なぜにコンビニがないんだ・・・。

映画館の待合場所で、いっさからマクロスFライブのために、昨日買ったという自分の分のサイリュームが渡された。この手のライブは初めてなので、サイリュームとかも実際どんだけ保つのかとか、何色買えばいいのかとか分からなかったため、いっさに頼んだのだが、1000円分で頼むといったのに、2000円近くも買ってきてたっぽい・・・。

唄に合わせて色を変えるってのは分かるけど、これを全部使うのだろうか?
さらには物によっては、UO(ウルトラオレンジの略)と呼ばれる、短時間に強力な光を放つものもあるらしく
こいつは、結構な人気商品らしい。知らんけど。
あー、財布の中がどんどん寒くなっていく・・・・。
そういえば、そもそも振り方とか全然知らないので覚えとかないと。

話は逸れましたが、再び映画の話。
ガリレオは、ドラマでやってた頃に数話観た程度で、「実に面白い」と「実に興味深い」くらいのセリフしか覚えてなかったのですが、内容自体はコミカルとシリアスの両方を併せ持った事件推理物という記憶はありました。
てか、映画に観に行くぐらいなのに、ドラマの最終回を観てない俺・・・・(´ρ`)
基本、一話完結なので、最終回の続きとかじゃないだろうし
たぶん登場人物を全員把握してなくても分かるだろという軽い気持ちで観ました。

映画の内容は、ネタバレになっちゃうので書きませんが
コミカルかシリアスかというと、ずっとシリアス展開でした(´・ω・`)
劇場版公式HPのあの明るいテンションの曲調とはまるで違うw

んー、最後まで切ない描写が多かったので、見終わった後も後味はあまり良くなかったです。
板倉曰く、原作はここで終わるんだよ、という部分から、すこーし続きがあったようですが
原作がそのまま映画化されてたら、個人的にさらに後味悪かったなぁ。
映画としては、結構面白かった思います。トリックに関しても、捻られた部分が多かったし。
あと、役者としては堤さんが役柄として、良い味出してたと思います。


原作ファンの方や他のガリレオをあまり知らないという方がどう評価されるかは分かりませんが
自分としては、映画としてはまとまってて良かったと思いますが、後味良く映画館を出たいという人にはどうかなーと思える作品でした。

けど、総合的には結構面白かったですよー。


帰りに、サークルの合宿明けに寄った新宿駅ビルのトンカツ屋に行こうということになったが
ガリレオが終わったのが。21時過ぎてしまっていて、駅ビルのレストランはどこも既に閉店・・・。
軽く新宿をさまよい歩き、いい加減腹も減ったので、しょうがなくマックに入ることにしました。
無難な値段でお腹いっぱいにできますが、トンカツ定食と比べたら、かなりランクの下がる夕飯になってしまったー('A`)
でも、ジャンキーな僕にはマックも十分美味いよ!
EDIT  |  23:15  |  感想  |  CM(0)  |  Top↑

2008.02.24 (Sun)

奈緒子

「奈緒子」見に行ってきました。
※ネタバレ含みますので、これから見ようと思ってる方はご注意下さい。




取り立てて悪い出来でもなかったけど、やっぱり原作既読組には不満点が結構ありました。
まさに今時の映画風味・・・・・というか、恋愛系に持ってかれるんじゃないか心配でしたが
そういう要素は特になかったので良かったです。

ただ、ギクシャクした人間関係の解消ばかりに焦点が当てられてて
せっかくの波切島という舞台をいかせてない気がしました。
まぁ、映画の場合はそこが趣旨なのかもしれませんけど。

とりあえず、不満点まとめました。不満だらけです。不満タラタラですw
気分害したらスイマセン!


・駅伝に緊張感がまるでない
実況はあったけど、抜いてるんだか抜かれてるんだか、今どういう状況なのかが
まるで伝わってこない。上位にいてもせっぱ詰まった感じなし。
他校の選手達はどうか知らないが、出演者は素人だからしょうがないけど

・黒田がただの噛ませ犬
・本田さんが出ない(時間の都合上しょうがないですが、個人的にね)
・波切り島の象徴でもある、猿岩が全く出てこない
・宮崎さんがなんかヘタレ(雄介を支える立場のはずが・・・)
・楽そうに伴走しすぎ(原作以上に緊張感がまるでない伴走)

まぁ、他にも季節的な部分や原作比較でつっこみたい点が多々ありましたが
全部あげるとキリがないので、とりあえずこんだけ。



不満ばっかあげても何なので、良かったところも少し。

・奥田君はやっぱり奥田君だった
吉崎もそうだけど、彼が一番原作に近いキャラだった気がする。

・レース中なのに無駄に喋っちゃう
リアルにはありえませんが、原作通りなので見てて笑いそうになった!w
黒田がなぜか面白かったw

個人的には、お経をとなえる坊主君が好きでした。(名前覚えてない)


上で、不安ばっか書いちゃいましたが、話としてはそこそこまとまってたと思います。
雄介のフリーダムっぷりや原作40巻近くある作品を2時間程度にまとめるのは
やはり無理だし、どこか一つの期間に絞るのは分かり切ってたことなんですけどね。
それでも、やっぱり原作で出た人達は実写でも見てみたかった。

漫画原作はアニメ化の方を先にしてもらいたいたかったなぁ。
今時の萌えやら何やらはないので、純粋に製作して夕方放送すれば
最近走りに興味ある人増えてきてるし、結構見る人多いと思うけど。
経験者にとっては、笑っちゃうくらいありえない部分も多いけどねw
まだ小説は読んでませんが、「一瞬の風になれ」も実写化したみたいですし
次は、「風が強く吹いている」辺りが実写化されるのかね。
EDIT  |  23:13  |  感想  |  CM(2)  |  Top↑

2008.02.11 (Mon)

天地創造

天地創造クリアしました(何それ?って人はリンク先のwiki参照)


隠れた名作(今は有名だけど)と言われてただけあって、面白かったです。
クインテットらしい締めというか、ラストはガイア幻想紀にかなり近い物がありました。
謎解きも思ったより難し過ぎず、個人的にはちょうど良いくらいでしたし
ガイア幻想紀とは違い、技?みたいなものも、始めから使えるので戦闘がやりやすかった。

やりこみ的な要素は、他のRPGとは違って、そんなにないのですが
このゲームは雰囲気とストーリーを大事にして作られた物だと思うので
自分は、そこに面白みを感じたのかな。
天地創造という、タイトルの通り、ストーリーが進んでいくにつれて、地球の文明がどんどん進んでいくのですが、自分(主人公)が自ら積極的に、地球で行動を起こして、世界が変わっていくため、その変わりゆく過程を見ていくのは、面白いかつ、なんだか嬉しいものです。

最近ゲームとなると、スーファミソフトばっかな気がします。
この前は、聖剣2やLive a Liveやったし。
昔の名作ってほんと2度目でも面白いもんですねー。
過去の作品の方が、会社の作品に対する愛を感じるというか、情熱が違う気がします。
グラがスーファミ容量の限界にチャレンジしていたり、音楽が1曲1曲神だったり。
今は、そんな作品に出会えてないからな。
というより、昔に比べて、だいぶゲームをしなくなった気がします(まるでやってない人に比べれば、やってますがw)
そんな自分もゲームに対する情熱がなくなったってことかね。
そんだけ大人になったってことだろうか。
なんだか寂しいもんだなー。
なんか真に身震いするくらい感動できるゲームやてえええええ。

ってもうそんな時間ねえっての!
EDIT  |  00:08  |  感想  |  CM(0)  |  Top↑

2008.01.10 (Thu)

CLANNAD

全部終わりました。アフターも。
とりあえず、ネタバレなしの方向で簡単に感想をば。

なんていうか、もういろんな意味で泣かせてくれんな。


悲しさと感動、二つの違う意味の涙を流させてくれた作品は、ほんと久しぶりでした。

「クラナドは人生」なんてうわぁーな言葉がありますが、正直そこまでじゃねーだろ・・・とは思いながらも、全てを見終わった後だと、あながち間違っちゃいないな、こりゃと訂正するぐらい作品への感じ方が変わりました。

正直、電波っぽいところが多いので、合わない人もいるでしょうけど、俺はお勧めします。ってか、もう3年以上も前の作品なので今更お勧めしても・・・って感じですが(汗)
ただ、非常に時間がかかるゲームなだけに、手早く終わらせたいって人にはお勧めできません。

今までやってきたどのゲームよりも凄まじく長く感じたものなだけに、終わってしまったときの寂しさがなんとも言えませんでした。

たぶん、しばらく余韻にひたるかもなぁ・・・。
2月の終わりにPC版のフルボイス版が出ますが、本気でちょっと買おうかと思っちまったじゃまいか・・・。

てか、BGM聞いただけで条件反射で涙が・・・・。
EDIT  |  22:18  |  感想  |  CM(0)  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。